【天橋立イベント情報】8月16日(火)は「宮津燈籠流し花火大会」

宮津市島崎公園沖の宮津湾
燈籠と花火が織りなすファンタジーの世界を楽しもう!

島崎公園沖の宮津湾を舞台に開催される「宮津燈籠流し花火大会」は、今から約400年前、宮津藩主の京極高広の時代に城下の人々が盆の精霊送りとして海へ燈籠を流した事が始まりと言われています。

花火は1924(大正13)年に鉄道の開通を記念して打上げられたのが今日まで続いているそうですよ!


宮津湾には初盆の家から流された精霊船と約1万あまりの燈籠が浮かび海上を埋め尽くす中、3000発の花火が夜空を彩り、幻想的な世界が広がります。

クライマックスの海上スターマインは必見!


また、陸では宮津の伝統芸能として古くから親しまれている“宮津おどり”が繰り広げられます。

燈籠流しも宮津踊りも当日参加が可能なので、思い出づくりに飛び入り参加してみても♪


でも、花火大会と言えば混雑がつきもの。あの混雑を考えると出かけることを躊躇してしまう・・・という人も少なくないのでは。

そんなあなたにとっておきの情報をお伝えします!


なんと、宮津燈籠流し花火大会の当日には鑑賞船が設けられるので優雅に船上から花火を鑑賞することができるんです!

鑑賞船には、一宮桟橋発着と天橋立桟橋発着の2つのプランがあるので、その日の観光スケジュールに合わせて予約をしてください。予約は5日前までとなっているので、お早めに。


陸から眺めるのとは、また一味違った宮津燈籠流し花火大会を楽しめること間違いなしです!

船内にはトイレも完備されており、雑踏の中で迷子になる心配もありませんので、小さなお子さま連れのご家族も安心して楽しむことができますよ。


そして、耳より情報をもう一つ!陸の穴場スポットを紹介しましょう。

会場からは少し離れた場所での鑑賞もおすすめします。天橋立の海岸周辺や西宮津公園や東波路団地周辺もおすすめの穴場スポットです。


花火はやっぱり間近で鑑賞してその臨場感を楽しみたいというあなたは有料観覧席を予約してみては。会場の島崎公園からは迫力満点の花火が楽しめますよ!

5名以上から申し込みができるので、家族やお友達グループなどお誘いあわせの上、ご参加くださいね♪

さあ、この夏の素敵な思い出づくりに宮津燈籠流し花火大会に出かけましょう!


【天橋立イベント情報】8月16日(火)は「宮津燈籠流し花火大会」の写真

基本情報

所在地 宮津市島崎公園沖の宮津湾 MAP
【宮津燈籠流し花火大会】 ●開催場所:宮津市島崎公園沖の宮津湾
●開催日:2016年8月16日(火)
●時間:19:30~20:20
●問合せ:宮津商工会議所0772-22-5131
●アクセス:京都丹後鉄道宮津駅下車徒歩10分/京都縦貫自動車道宮津天橋立ICより5分
※市営駐車場他、市内各所に臨時駐車場が設置されますが、当日は大変な混雑が予想されます。
早めに来場して駐車場を確保するか、電車などの公共機関をご利用ください。
【宮津燈籠流し花火大会】URL https://www.kyo.or.jp/miyazu/hanabi/
駐車場情報 https://www.kyo.or.jp/miyazu/2016hanabi.pdf
【鑑賞船】 ●料金:大人(中学生以上)2700円・子ども(小学生)1350円
●申込・問合せ:天橋立観光協会0772-22-8030
●申込締切:出発5日前まで
<天橋立桟橋発着>集合場所:天橋立観光船乗り場/集合時間:19:00
<一宮桟橋発着>集合場所:一の宮観光船乗り場/集合時間:18:50
【鑑賞船】URL http://www.amanohashidate.jp/
【有料観覧席】 ●観覧場所:島崎公園の護岸敷き(当日は和敷が準備されます)
●料金:大人(中学生以上)1人2000円・小人(小学生)1人1000円・小学生未満無料
●申込:宮津商工会議所0772-22-5131
●申込方法:下記URLから申込書をダウンロードして記入の上、FAX(0772-25-1690)か郵送で申し込みください。5名以上で申し込み可。
●申込締切:8月4日(木) ※満席になり次第、締切。尚、8月4日の締切後のキャンセルは料金の払い戻しはできません。
●アクセス:京都丹後鉄道宮津駅から徒歩10分
【有料観覧席】URL http://www.kyo.or.jp/miyazu/hanabi/h28_kanran.pdf

お近くのヴィラお近くのヴィラ

ヴィラ コスタ デ マーレ (オーシャンビューのコテージ)

所在地 京都府宮津市波路405-7
敷地面積 511.61m²
構造・規模 木造平屋建
延床面積 86.12m²、別途バルコニー72.8m²